• 料金
  • アクセス

仙腸関節炎について

仙腸関節炎と聞くと、あまり聞きなじみがない方もいらっしゃると思います。
仙腸関節炎は骨盤を構成する仙骨と、腸骨の間に位置する関節に生じる炎症のことで、関節の機能障害として表面化します。

仙腸関節炎の原因

仙腸関節炎の原因は、骨盤に加わる力が左右アンバランスなことで、日常的な姿勢の崩れが発症リスクを高めます。具体的には、カバンを持ったり、肩にかけるときに左右のいずれかだったり、座ると足を組む癖があったりする方に起きやすいです。

女性の場合は出産に際して仙腸関節の靭帯に緩みが生じ、出産後も緩んだままになることから、仙腸関節炎や関節障害が引き起こされるといわれています。

ちなみにぎっくり腰も仙腸関節炎のリスクの1つですが、直接的な原因になるかどうか因果関係については未解明です。

仙腸関節炎の症状

仙腸関節炎の症状は、骨盤の骨が出ている関節部分に痛みが生じて座るのが辛くなったり、睡眠に支障が出るというものが代表的です。痛みが腰痛に感じられるケースもあるので、椎間板ヘルニアと間違えてしまう場合もあります。

お尻にも痛みが生じたり、足の付根から脚全体に痛みが及ぶケースも存在するので、症状の部位や程度は様々です。

仙腸関節炎でお悩みなら当院にお任せください

仙腸関節炎でお悩みなら樹鍼灸整骨院にお任せください。
仙腸関節炎は、日常生活においては、座った時や痛みのある部位を下にして横になった際に、痛みが強くなることが多くあります。

また立ち上がりや歩き始めなど、動作の開始時にも痛みが生じやすいので、これらに思い当たるフシがある場合は仙腸関節炎が疑われます。

当院では、施術の前に詳しくカウンセリングを行うので、痛む部分やお悩みなどなんでもご相談ください。お待ちしております。

京都市伏見区 | 樹鍼灸整骨院のお問い合わせ

電話予約はこちら

お問い合わせ

line

line

院名 樹鍼灸整骨院
住所 〒612-8491
京都府京都市伏見区久我石原町1−7
受付時間 平日 8:15~20:00
受付時間 土曜日 8:15~19:00
休診日 木曜日・日曜・祝日

Google Map

GoogleMap