• 料金
  • アクセス

足底筋膜炎について

足底筋膜炎の症状は、朝の起床時かかとをついた際に鋭い痛みを感じます。ジャンプやランニングなどで衝撃と強く引っ張られる二つの力が繰り返し働き、足底腱膜に大きな負荷が集中してしまうことにより小さな断裂や炎症が起きやすくなるというものです。

運動後に痛みが強くなることが一般的と言われます。

足底筋膜炎の原因

足底筋膜炎の主な要因は、運動での使い過ぎ、長時間の歩行、立ち仕事、適してない靴の使用、硬い路面でのトレーニング、足の筋力不足、柔軟性の低下、足の形の変形などです。

外反母趾

朝おきてから最初に一歩踏み出すときに激しく痛みが起きたり、急に歩き出すと痛くなるなどの症状がみられます。

外反母趾は、足底腱膜炎と同じく足のアーチ構造の崩れで起きます。縦アーチが崩れるのが足底腱膜炎ですが、外反母趾は横アーチが崩れることで発生します。横アーチを保持出来ないとだんだん縦も低下して、足底筋膜炎が併発したりします。

足のアーチ構造を支える足底腱膜が炎症を起こして、小さな断裂を繰り返している状態で、かかとや足の底が地面へと着地するときに足底腱膜が伸ばされて痛みを感じます。重心を前方へ移動させるウィンドラス機構が上手く機能しないので足を蹴り出すエネルギーも足りなくなります。

足底筋膜炎でお悩みなら当院にお任せください

足底筋膜炎でお悩みなら樹鍼灸整骨院にお任せください。
足底筋膜炎は、慢性化すると、かかとの骨に骨棘と言われるとげのような突起が出来てしまいます。さらに痛みが増すこともありますので、当院における早期の治療をお勧めしております。

当院では、施術を行う前に丁寧にしっかりとしたカウンセリングを行い、身体の状態や痛みの原因をしっかり見極めます。詳しく検査し、どこが痛むのか、なにが原因なのか見極め、施術を行っていきます。お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください!お待ちしております。

京都市伏見区 | 樹鍼灸整骨院のお問い合わせ

電話予約はこちら

お問い合わせ

line

line

院名 樹鍼灸整骨院
住所 〒612-8491
京都府京都市伏見区久我石原町1−7
受付時間 平日 8:15~20:00
受付時間 土曜日 8:15~19:00
休診日 木曜日・日曜・祝日

Google Map

GoogleMap