• 料金
  • アクセス

腱鞘炎について

腱鞘とは、骨と筋肉をつないでる腱を包み、腱が滑らかに動くように支える滑車のような働きをする組織です。腱鞘炎とはこの腱鞘が腱とこすれ合って炎症を起こす事です。

腱鞘炎を起こしやすい人

腱鞘炎は指の使い過ぎで起こることから、パソコンのキーボードやマウス、スマートフォンを長時間操作する人、ピアノなど指を多く使う楽器やグリップやボールを握るスポーツをする人などに多くみられます。

また更年期の女性や妊産婦に多いことが知られています。女性ホルモンの分泌に関連すると考えられます。また糖尿病の人も末梢の血液が滞ることや、炎症を起こすと治りにくいことから、腱鞘炎を起こしやすくなると考えられます。

腱鞘炎の症状

腱鞘炎は、関節への負荷がかかり過ぎることが最大の原因とされています。指の曲げづらいなどの関節の少しの違和感が初期症状として現れます。いつか治るだろうという考えで放置してしまうと重症化してしまい慢性疾患に発展してしまうケースもあるので注意が必要です。

ドケルバン病

手首が障害を受けるドケルバン病では、手を広げたり親指を動かしたりすると腱鞘付近に疼痛が起こります。たとえば荷物を持つ、ペットボトルを開けるなどの親指を使ったつまみ動作によって痛みを感じます。

バネ指現象とは?

また指の付け根で腱鞘炎を生じるバネ指では、症状が進行すると「バネ現象」と呼ばれる症状が現れるようになります。バネ現象では指の動きがスムーズではなく引っ掛かりを感じるようになり、さらに症状が進行すると指を十分動かせなくなることもあります。

腱鞘炎については当院にお任せ下さい!

当院では患部である手首の施術も行いますが、その前になぜ手首が痛くなっているのか検査をしていきます。

例えば産後のお母さんに腱鞘炎の症状は多いのですが、長時間抱っこすることにより、骨盤が歪み→肩関節が捻じれ→肘関節、手関節の使い方が悪くなってしまって発症する場合が多いです。

手首が痛いからといって手首だけ施術してもその時の痛みはマシになりますが痛みの根本は変わらないのです。根本の骨盤を整体することにより回復が早まります

樹鍼灸整骨院では独自の手技による施術で辛い症状に根本からアプローチすることで早期改善を目指します。また、改善した症状が再び再発しないよう改善法をご提案致します。
お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください!

京都市伏見区 | 樹鍼灸整骨院のお問い合わせ

電話予約はこちら

電話予約はこちら

お問い合わせ

line

line

院名 樹鍼灸整骨院
住所 〒612-8491
京都府京都市伏見区久我石原町1−7
受付時間 平日 8:15~20:00
受付時間 土曜日 8:15~19:00
休診日 木曜日・日曜・祝日

Google Map

GoogleMap