• 料金
  • アクセス

ばね指について


バネ指とは、手指に起こる腱鞘炎のことをいい、手を使うことが多い方なら誰でも起こる可能性がある症状です。

指を曲げた後、指が伸びなくなって曲がったままになり、伸ばそうとするとバネのように急に伸びる現象をバネ現象と呼んでいます。

この現象はバネ指の初期に特徴的な症状で、さらに進行していくと反対側の手で伸ばすのを手伝わないと伸びなくなり、無理に伸ばすと激痛をともなうようになります。この症状は親指に多く、その次に中指や薬指にもみられ、とくに中年女性に多いともいわれています。

・最近指が動かしにくい
・指を動かすと痛みが出る
・朝に指がこわばる
・曲げ伸ばしの時にカクッとなる
・痛みがあるがレントゲンやMRIを撮ったが原因がわからない

などの症状がある方はバネ指の可能性があります。

バネ指の原因


バネ指の原因は主に同じ動作を何度繰り返すと、その腱や腱鞘に炎症が起こります。筋肉が骨に付着するときに結合組織繊維でできた紐状のものがロープ状に束ねられたものを『腱』といいます。
そのロープ状の腱が指に沿ってズレないように結束バンドでバラバラにならないために止めている組織が『腱鞘』です。

バネ指は指を曲げる腱(屈筋腱)がひっかかるためにおこります。この屈筋腱は手のひらから指に向かって走る腱鞘の中を行ったり来たりしています。指の使いすぎは屈筋腱自体の腫れや、腱が通る腱鞘と呼ばれるトンネルに炎症が起こることになり、その結果腱鞘炎が起こるのです。

この腱鞘炎が慢性化した状態がばね指と考えられます。
仕事やスポーツなどで指をよくに使う人に発症しやすく、とくにパソコンの使いすぎや最近ではスマホやゲームを長時間してる方にも多く、またゴルフの練習をしすぎた後の薬指や小指にも多いといわれています。

また、比較的妊娠時や産後、更年期の女性に多いことからホルモンのバランスがくずれることがばね指の原因になっていることも考えられています。

当院の治療法


まずは局所の安静です。
ただ、指は普段使うことが多いのでなかなか安静は難しいのが現状です。

腱鞘炎は筋肉が疲労している状態です。東洋医学では筋肉に元気を送るのは、五臓六腑のうちの肝臓の働きだと考えられているので、まず肝臓の気を補っていくことが大切です。肝の治療を行うと全身の筋肉に血が巡りなり筋肉に回復力が戻ります。

ばね指については当院へお任せください!


指を使うと腕や肩の筋肉にもかなり影響が出ますので、疲労して硬くなっている筋肉にも鍼灸治療を行い、局所と周りの筋肉の血流を良くしていきます。

さらに姿勢が悪く骨格も歪んでると、肩甲骨周りや腕の筋肉も硬くなるので、姿勢の土台になる骨盤矯正を行い、身体の根本から治して、全体のアプローチをしていきます。血流が良くなり、筋肉が柔らかくなってくると痛みも和らいでいきます。また、ご自宅でのケアとしてストレッチ指導なども行なっております。

日常的に指はどうしても使うとこなので、痛みが続くと生活にも支障をきたし、辛い時間が続きます。バネ指でお悩みの方は是非一度当院へご相談下さいませ。

京都市伏見区 | 樹鍼灸整骨院のお問い合わせ

電話予約はこちら

電話予約はこちら

お問い合わせ

line

line

院名 樹鍼灸整骨院
住所 〒612-8491
京都府京都市伏見区久我石原町1−7
受付時間 平日 8:15~20:00
受付時間 土曜日 8:15~19:00
休診日 木曜日・日曜・祝日

Google Map

GoogleMap